脱毛なら沖縄でするべき

シミの種類と治療方法

顔にシミがあるだけで老けた印象になってしまいます。

そのため綺麗を保ちたい女性にとって大敵なので日頃からケアしたいものです。自宅でケアできるものとしては美白化粧品が人気ですね。毎日のお肌のお手入れに美白タイプを用いることでシミやくすみ対策ができます。また美白に効果があるサプリメントなども手軽で人気です。しかしこれらは予防といった面では効果的ですが、できてしまったシミをなくすとなると難しいようです。

やはり既にできてしまったシミをなくすには美容皮膚科や美容外科で治療をするのが効果的です。シミには様々な原因や複数の種類があります。肝斑、老人性(日光性)、色素斑、雀卵斑、炎症性色素沈着などがその種類で、それぞれに効果的な治療法を用いて施術を受けることで対処するとよいでしょう。

代表的な治療法は、特殊な光を照射し沈着したメラノサイトにダメージを与える「フォトフェイシャル・IPL」、メラニン色素に反応するレーザーでピンポイントで照射する「レーザー治療」、酸の力で古い角質や表皮を溶かして肌のターンオーバーを促進させることによって肌を生まれ変わらせる「ケミカルピーリング」、ビタミンC誘導体を顔に塗って電極を当て真皮まで浸透させる「ビタミンCイオン導入」、ビタミンCやL‐システイン、プラセンタなど美白に有効な成分を直接血中に注入する「点滴」、「塗り薬」などがあります。それぞれ痛みの有無や施術にかかる時間や回数、料金、効果の実感の仕方などが異なるので、自分の状況にあった治療を選択することが大切です。

銀座でシミ治療するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です