脱毛なら沖縄でするべき

医療機関などで受けられるシミ治療の種類について

医療機関などで受けられるシミ治療の種類については、光を使ったものやレーザーを使ったもの、点滴や注射など様々なものがあります。

症状に合った方法を選ぶことで効果的な治療を受けることができます。シミには、メラニン色素に反応するレーザーを使ってピンポイントで対策することができます。輪ゴムで弾かれた程度の痛みがありますが、一回の照射で結果を期待することができます。レーザーを用いた方法は、肝斑に使用すると逆効果になってかえって濃くなってしまう可能性もあります。そのため、レーザーを使いたいのであれば、先に肝斑を治すほうが良いです。

レーザーは肝斑以外では高い効果が期待できますし、ほくろやタトゥーを消すことも可能です。フォトフェイシャルでは、特殊な光を照射することで沈着しているメラニンにダメージを与えて薄くしていくという施術です。複数回の照射が必要ですが、刺激や痛みなどはありません。肌の若返り効果についても期待することかできます。

ケミカルピーリングは肌のターンオーバーを強制的に促すことでくすみを取ったり、にきび跡や色素沈着などの解消をしていくことができます。ビタミンCイオン導入を行うことで、肌に浸透しにくいビタミンCを肌の奥まで届けることができるため、メラニンの生成の抑制などが期待できます。シミの治療には、内服薬や外用薬などの処方も受けることができます。レーザーなどの治療では費用の負担が大きくなりますので、トラブルを避けるために事前によく話を聞いてから受けるとよいです。

東京でシミ治療するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です